1. TOP > 
  2. 研究員の紹介 > 
  3. 森川弘二

研究員の紹介 | pecialist

エンジン研究において常に最先端の技術を誇る著名研究者が名を連ねるサステナブル・エンジン・リサーチセンター。SERC登録研究員をご紹介いたします。

写真:森川弘二

代表取締役
森川弘二
Dr.Koji MORIKAWA
工学博士
千葉大学大学院 工学研究科
 SERCエンジン共同研究講座 特任教授
自動車技術会フェロー
自動車技術会フェローエンジニア

経歴

  • 1978年  千葉大学工学部機械工学科卒業
  • 1978年  富士重工業株式会社 スバル技術本部 排気ガス課
  • 1986年  富士重工業株式会社 スバル技術本部 開発2部
  • 1989年  株式会社スバル研究所 出向 研究実験グループ
  • 1992年  株式会社スバル研究所 出向 燃焼グループ
  • 2001年  富士重工業株式会社 スバル技術本部 燃費PT
  • 2002年  富士重工業株式会社 スバル技術本部 PGM
  • 2005年  富士重工業株式会社 スバル技術本部 PGM (環境対応) (エンジン開発)
  • 2008年  千葉大学大学院自然科学研究科人工システム工学専攻修了
  • 2011年  千葉大学産学連携・知的財産機構 特任教授 (出向)
  • 2012年  千葉大学大学院 工学研究科 SERCエンジン共同研究講座 客員教授

論文

受賞・実績

  • 1992年  富士重工業株式会社 社長表彰(特許出願に関する表彰)
  • 2003年  (社)自動車技術会 自動車技術会賞 論文賞受賞
  • 2009年  (社)自動車技術会 フェロー認定
  • 2010年  (社)自動車技術会 フェローエンジニア認定* 専門領域:エンジン燃焼、研究開発

特許

  • 特許登録  19件
  • 特許出願済、未登録  38件
  • 特許出願実績  235件
  • 外国特許登録  55件

外部資金の調達実績

低燃費低公害の2ストロークサイクル直噴ガソリン機関の研究開発
交付機関:NEDO
共同研究者:千葉大学
交付金額:30百万円
ノッキング回避高圧縮比ガソリンエンジン燃焼方式の研究開発
交付機関:NEDO
共同研究者:千葉大学・日本大学
交付金額:223百万円
高圧縮比低熱損失の高熱効率新型ガソリン機関の実用化研究開発
交付機関:NEDO
共同研究者:千葉大学・日本大学
交付金額:197百万円

所属学会等

  • 1977年5月より継続 (社) 自動車技術会入会
  • 1977年5月より継続 (社) 日本機械学会入会
  • 1997年9月より継続 SAE(米国自動車技術会)入会
  • 2000年1月より継続 (社)日本機械学会 論文校閲委員
  • 2007年9月-2008年7月 (社)日本機械学会 COMODIA2008組織委員
  • 2008年5月より継続 (社)自動車技術会 新エンジンコンセプト創出特設委員会委員
  • 2008年6月より継続 (社)日本機械学会 エンジンシステム部門、予混合圧縮着火燃焼技術の高度化研究会委員
  • 2008年9月より継続 (社)自動車技術会 ディーゼル機関部門委員会委員
  • 2009年5月より参画 米国SAE F&L国際会議(2011年)実行委員
  • 2009年6月 (社)自動車技術会 フェロー
  • 2010年2月 (社)自動車技術会 フェローエンジニア認定
  • 2010年4月より継続 (社)自動車技術会 ガソリン機関部門委員会委員
  • 2010年8月より継続 日本燃焼学会入会
  • 2010年10月より 2011年内燃機関シンポジウム実行委員

趣味

  • モータースポーツ(ラリー)、野球
  • SERCのビジョン
  • コンソーシアム
  • 論文・実績紹介

ページの最初にもどる